補聴器の自然な聞こえ方の周波数調整

オリジナル見出し01

音を集めるための装置としては、集音機があります。
この集音機に対して、聴力を補うための医療機器として使うことができるのが、補聴器です。この聴力サポートができる機器は、通常の一般的な集音機とは異なり、医療機器という認定を得ています。



そのため、耳が不自由な患者の生活の質を高めるためのサポートツールとして、積極的に使うことができます。



補聴器は、音の聞こえ方について、患者の耳に合わせてカスタマイズすることができるという特徴を持っています。



音は多様な周波数の集合体であり、耳の状態によって聞こえやすい周波数や聞こえにくい周波数があります。



そのため、単に全ての周波数帯に対して音を増幅しただけでは、自然な聞こえ方を再現するには効果が足りません。聞こえにくい周波数を集中的に増幅することで、自然な音の表現が実現します。



補聴器の聞こえ方を調整するためには、測定を行い試聴を行って、そこから少しずつ調整していくことが方法です。
また、時間の経過と共に聴力自体も変化していく事から、購入時の補聴器への聞こえ方の調整のみならず、聞こえる音に違和感を感じたならば、こまめに調整を行う事が望ましいです。



快適に音を聞くことができる補聴器の機能を活かすために、周波数に対する調整のための作業は重要な要素です。
聞こえ方の調整に加えて、さらには機器の洗浄などのメンテナンスをケアすることにより、快適な聴覚サポート機器の利用が実現します。


関連リンク

  • タイトル21

    補聴器は、耳の不自由な人のサポートを行う機器として、多くの人の役に立っています。この製品についてもっと深く知れば、自身も聴力が弱くなった時の製品選びに役立ちます。...

  • タイトル22

    音を集めるための装置としては、集音機があります。この集音機に対して、聴力を補うための医療機器として使うことができるのが、補聴器です。...