補聴器メーカーのこだわりを味方にしましょう

オリジナル見出し01

補聴器は、難聴による聞こえにくさを改善・補助する器具です。

補聴器はただ単に音を拡大するだけではなく、周波数や音の感度、方向性などを考慮しながら、電子的に聞こえやすくしてくれます。近年は世界中のメーカーから、いろいろな種類のものが出ています。



補聴器にも個性があり、メーカーによって得意不得意があります。例えば、使っているときの快適さだったり、音の聞こえ方や調整の簡単さなどの使い勝手はもちろんのこと、サイズや目立たせない形状にこだわるメーカーもあります。



インターネットで調べると多くの情報を得ることができますし、街の眼鏡屋や専門店では実際に使用させてくれますので、大いに参考になります。

しかし気を付けなければならないのは、補聴器はお店で試してもその効果や使いやすさがわかりにくい点です。

実際の生活で使えないと意味がないためです。



そのため、できるだけ長期でお試しができるほうが失敗は少なくなるでしょう。
使いやすさや聞き取りやすさは、使用者によってまちまちですので、情報に左右されすぎずご自身の耳と感覚、そして予算に基づいて判断するのが大切です。



近頃ではデジタルによる補聴器が各メーカーから出ています。



従来のアナログのものに比べて、デジタルだと小型で微調整が可能となり、より個々のニーズに合わせた快適なものが作れるようになりました。

アナログの難点だった雑音やハウリングも軽減され、どんどん使いやすくなっています。



関連リンク