誤解されやすい補聴器の聞こえ方

オリジナル見出し01

補聴器は耳に関する補助的な医療機器として知られており、一般的な考えとしては装着することによって普通の人と同じように聞こえるだろうと思われがちです。

実際にはこれは大きな誤解となっているのですが、初めて補聴器を利用する人たちも聞こえ方に関しては同じように誤解していることが多いので、販売店などでは実際に装着して音の聞こえ方を確かめるようにすることが推奨されています。



では、実際には補聴器はどのような聞こえ方をするのかと言うと、簡単に言えば周囲の音を拾って大きくしている程度となります。
なので、音の機器分けなどの機能は搭載されておらず、音の増幅機能が目立っているというのが実際です。
そのため実際に装着してみると雑音が酷かったり音が聞こえ過ぎてうるさいということもありますし、ハウリングと言う補聴器特有の雑音が発生することも少なくないです。



とは言え、最近の補聴器はデジタル式のものが増えてきているので、雑音がうるさいということは少なくなっているようです。



音に関してもクリアに聞こえるものが多く、聞こえる音の量も調整することが可能となっているので、それによってできる限り自然な聞こえ方を手に入れることができるようになってきています。



なので徐々に通常の人のように聞こえるような商品になっては来ていますが、その人の聞こえ方のレベルに合わせたものを使用することで可能となっている状態です。



なので、まずは自分の聞こえるレベルを把握することが重要となっています。



関連リンク